回線の料金とプロバイダ料金の違いは?

光インターネット回線の「フレッツ光」を利用するには、回線提供業者であるNTTと契約 する以外に、プロバイダとの契約が必要になります。

プロバイダは、インターネットを利用している方のほとんどが契約しているので、そ の存在自体は知っていると思いますが、意外とその役割については知らない方もいるよ うです。

中には、 「なぜ、フレッツとは別にプロバイダと契約しなくてはならないのか?」 といった疑問を持つ方もいるようですので、今回はこの点について分かりやすく説明し ます。

まず、パソコンをインターネットにつなげるには、電話回線や光回線といった、デジタ ルデータを送受信する回線が必要になります。

その回線を提供するのが、ケーブルテレビ会社やNTTといった業者になります。

しかし、回線をパソコンにつなげただけでは、世界中のパソコンにつながったパソコン にはつながりません。 この回線の先にプロバイダが存在することで、パソコンから受け取ったデータを処理 してインターネットに接続して、ホームページを閲覧したり、メールの送受信ができる ようになります。

フレッツの料金とプロバイダの料金が分かれているのはこのためで、フレッツは回線使 用の料金となり、プロバイダはインターネットに接続するための料金となっています。

プロバイダは、情報を大量に処理するサーバーを設置して、そのサーバー経由でインタ ーネットに接続し、その先には別のプロバイダのサーバーがつながっており、世界中の パソコンをつなげています。

イメージとしては、AさんからBさんにメールを送る場合は、Aさんが契約しているプロ バイダーXからインターネットにデータが送られ、Bさんが契約しているプロバイダYが データを受け取り、Bさんのパソコンに送る、といった仕組みになっています。

回線を提供する業者は、日本には数えるほどしかありませんが、インターネットプロバ イダーは10社以上あります。

それぞれに、サービス内容や料金が違うので、プロバイダ選びは頭を悩ますポイントで す。

主なプロバイダの特徴や選び方は、別ページで説明しますが、主なポイントは

  • 料金
  • ホームページスペース提供の有無
  • サポート体制
  • 付与されるメールアドレスの数や、Webメールサービスの有無

といった項目が挙げられます。

インターネット接続サービスだけに特化したプロバイダは、料金が安いですし、サポー ト体制がしっかりしていて、コンテンツサービスが充実しているプロバイダは、少し料 金が高めですが、初心者でも安心できるのがポイントです。